松山針灸接骨院々長の日記


四国・松山市の針灸接骨院院長のおもいつ記 
by yaogenki
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

渋あったれば

渋あったればこそ、
甘い熟柿に変わる


人生はなかなか思い通りにはならない。
苦汁を嘗め、辛酸を味わう場面が多い。
そうした時こそ自己変革のチャンス。
喜んで進んで自分を改め、周囲を和ませよう。
その積み重ねが、未熟を熟成へと導き、香気を発する。

(今日の道しるべより)
[PR]

by yaogenki | 2009-11-19 23:09 | 言葉・人・本
<< 東福寺の紅葉2 暮れなずむ秋の日 >>