松山針灸接骨院々長の日記


四国・松山市の針灸接骨院院長のおもいつ記 
by yaogenki
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ネットワーク『地球村』

ネットワーク『地球村』は、「環境調和社会」、「永続可能な社会」の実現を目指し、地域、全国、そして世界レベルで、地球の環境と平和に取り組んでいる市民団体です。私も8年ほど会員です。そのネットワーク『地球村』の会報「地球村通信」7月号から高木代表の巻頭言を掲載してみます。

巻頭言 「受け止める」 と 「受け入れる」         ネットワーク『地球村』代表 高木善之

★五事を大切に
よく見る、よく聞く、受け止める、わかる、変わる (笑顔で実行)

これは『地球村』(生き方)の基本です。 これを実行した人は、いかに自分が聞けていなかったか、 受け止めていなかったかに気づきガク然とされます。
しかし、本気でそれを改めようとすると、自分を大きく変えることが できます。 ぜひ、チャレンジしてください。

しかし、これを始めて間もない人には勘違いもあります。
ある人(Aさん)は一生懸命にボランティア活動をしていますが、家族から「家事をおろそかにしてまで、ボランティアするのはやめなさい」と言われました。
ある人(Bさん)はボランティアでいろんな人の相談を受けていますが、相手から「お金を貸してほしい」と言われました。 お二人とも、「受け止めること。では、やめよう」 「受け止めること。では、お金を貸そう」と思ったそうですが、 本当はどうすればいいのでしょうか。

★「受け止める」ことは、「受け入れる」ことではない
Aさんの場合、まず「家族の不満」は何だろうか、と「よく聞く」ことです。
改められるところを改めればいいのです。その努力をしながら、 自分がしたいこと(ボランティア)を続ければいいのです。
Bさんの場合、相談は、相談相手の問題を直接解決することでは ありません。
相談で一番大切なのは、「よく聞く」「受け止める」ことなのです。
相談相手の希望通り、相手の思い通りにしていては、きりがありません。
お金を貸すと、問題解決にならないばかりか、また「貸してほしい」と言われたり、貸さないと逆恨みされたり、事態が悪化することが多いです。
お金は、使い方を誤ると不幸な事態を引き起こします。
お金は、「みんなの幸せ」の実現に向けて使う方がいいですよ。

★大切なのは「みんなの幸せ」
自分の意志、相手の意思を尊重した上で、最終的には「みんなの幸せ」 で判断することです。
「相手の気持ちを尊重する」ことは、 「自分の気持ちを抑える、我慢する」ことではありませんし、 「相手の思い通りにする」ことでもありません。
どんな場合も、いちばん大切なのは「みんなの幸せ」なのです。

【関連サイト】
ネットワーク『地球村』
[PR]

by yaogenki | 2005-07-05 01:16 | 言葉・人・本
<< 小林正観さん 大いなる雨 >>