松山針灸接骨院々長の日記


四国・松山市の針灸接骨院院長のおもいつ記 
by yaogenki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

がんばれ日本!!

「うわーん!! 感動し過ぎて超泣いた! さっきの知らない国際電話、
誰か日本の人に繋がればいいなと思って日本の局番で自分と同じ番号おしてかけて来た、
心配と応援の電話だったの!
英語よくわからなかったけど、言ってることは理解出来た!
向こうで沢山の人が pray for japanって!」


これは、地震後に「ツイッター」に書き込まれたものです。
ツイッターとは、「ツイート」と呼ばれる短文をネットに投稿し、
閲覧できるコミュニケーション・サービス。

地震直後、電話もメールもつながらないという大きな不安の中、
このツイッターが、ずいぶん多くの人を助け、勇気づけたといわれます。

ある人は被災地の状況を
ある人は人の強さやあたたかさを。

皆さんにも、少しご紹介したいと思います。

【凛々しい!】
被災地から救出された80歳過ぎであろう男性。笑顔で
「大丈夫!大丈夫!チリ津波も体験してるし、また再建しましょう!」と。
日本を築いてきた方達は凛々しい。

【慣れてるのよ】
来る時に電車で聞いたおばあちゃんの会話。
「警察が電気足りないから電気(灯り)消せって」
「私たちは御国のために電気消して過ごすのは慣れてるのよ。
今回は頭の上に爆弾降って来るわけじゃないんだもの、喜んで消すわよね」
周囲の人々一瞬しん・・・となる。涙が出そうになった。

【復活】
気仙沼の友人からメールが届いた!
「生き残った人たちは皆元気。ヘドロと重油の中でお風呂もトイレもなく、
汚れた手でご飯食べてる。悲惨な話も山ほどだけどそれ以上に感動ドラマも!
必ず復活するから待っててね」と。涙が止まらない。

【子供の背中】
子供がお菓子を持ってレジに並んでいたけれど、
順番が近くなり、レジを見て考え込み、レジ横にあった募金箱にお金を入れて、
お菓子を棚に戻して出て行きました。
店員さんがその子供の背中に向けてかけた、ありがとうございます、
という声が震えてました。

【志願】
父が明日、福島原発の応援に派遣されます。
半年後定年を迎える父が自ら志願したと聞き、涙が出そうになりました。
「今の対応次第で原発の未来が変わる。使命感を持っていく」
家では頼りなく感じる父ですが、私は今日程誇りに思ったことはありません。

【パパの仕事】
旦那さんが自衛官の友人より。
以前息子さんが「パパは戦争がお仕事?」と涙ながら聞いてきた事があったそうだ。
誰かの心ない言葉に傷付いたんだろう。今、息子さんは毎日TV画面に向かい
「パパ頑張れ、パパのお友だち頑張れ!」と叫んでるって。
「僕も自衛隊になる!」って。


これらは「がんがれ日本!!!」というサイトにまとめられています。
今からでも読んでみたいという方は、下記からをどうぞ
https://docs.google.com/document/pub?id=1UmFXi9xxYkZcNLIC-q4RsdrbhCDk8PisESXoxlGmRCY

(SAマスター倶楽部より転載)
[PR]

by yaogenki | 2011-03-24 21:58 | ひとりごと
<< そして、楽しいへ 今年の菜の花2 >>