松山針灸接骨院々長の日記


四国・松山市の針灸接骨院院長のおもいつ記 
by yaogenki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

坂村真民さんの詩

ご存知の方も多いかと思いますが、坂村真民さんの「朴庵例会」というのが少し前まで砥部町の開花亭の朴庵(ほうあん)で開かれていました。何度か妻とお話を聴きにいきました。
今日はその真民さんの詩の一篇を紹介します。真民さんの詩はいずれも大きく強く深い慈愛が込められていると感じるのですが、この詩も凄いです。特に私には自分自身に重ねて感じるものがあります。

「両手の世界」

両手を合わせる
両手でにぎる
両手で支える
両手で受ける
両手の愛
両手の情
両手を合わしたら 喧嘩も出来まい
両手に持ったら 壊れもしまい
一切衆生を
両手に抱け
[PR]

by yaogenki | 2005-07-25 11:34 | 言葉・人・本
<< ホワイトバンド 夏の風物詩 >>