松山針灸接骨院々長の日記


四国・松山市の針灸接骨院院長のおもいつ記 
by yaogenki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

世界遺産の屋久島

 世界各地には、貴重な文化財や素晴らしい自然環境が存在しています。ユネスコ(国際連合教育科学文化機関:UNESCO)が認定する「世界遺産」は、これらの財産を人類共通の宝物として保全することを目的としたものです。2005年7月現在、世界遺産リストに登録されているのは、世界文化遺産628件、世界自然遺産160件、複合遺産24件の合計812件。このうち今年7月に登録された知床を含め、世界文化遺産10件、世界自然遺産3件の計13件が日本国内に存在します。
 それらの中で、今年「屋久島」 に行かれた河野さんにとくにお願いして、いただいた写真をここで紹介させていただきます。学生時代、写真部だったという河野さん“イチオシ”の「大川の滝」等容量オーバーで目下掲載できないのがとても残念です。
                  (もののけ姫の森)
d0061286_13263748.jpg
(以下タビアンのサイトより)
 1993年に世界遺産に登録された屋久島は、樹齢7200年といわれる縄文杉をはじめとする屋久杉でも有名な自然遺産の島です。九州最南端の佐多岬から南南西に60キロほどの位置に浮かぶ周囲約130kmのほぼ円形(東西約28Km南北約24Km)の島で、面積は約500平方キロ、日本では7番目に大きな島ですが日本の面積の1000分の1(東京23区ほど)しかありません(車で島一周するとだいたい2時間ぐらい)。その小さな屋久島に、九州最高峰の宮之浦岳(1935m)をはじめ1000メートルを超す山々が46座もあり(うち1500メートルを超す峰は20座、九州の高峰の上位7位までがこの島に集中しています)、「洋上のアルプス」とも呼ばれています。
 この地形がおりなす気候には、実に亜熱帯から亜寒帯までが含まれ、九州から北海道の気候が一つの島で見られるということになります。そして、島の90%を占める神秘的な森や特異な生態系に1500種、日本の植物種の7割以上の植物種がひしめきあい、さらに固有種(世界で屋久島だけに自生する固有の植物)が*約40種、屋久島を南限とする植物が約140種、北限とする植物が約20種も見られるという特性から「東洋のガラパゴス」とも呼ばれています。
                   (熱帯スイレン?)
d0061286_13344653.jpg

[PR]

by yaogenki | 2005-11-03 13:35 | 自然・風景
<< 斉藤一人塾・寺子屋講演会 「相田みつを展」の初日でした >>