松山針灸接骨院々長の日記


四国・松山市の針灸接骨院院長のおもいつ記 
by yaogenki
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

淡路ケ峠ハイキング

日曜日は、朝寝して、ゆっくり昼から始動しました。
思いついて3時ころバイクで出掛けました。
行き先は、淡路ケ峠(あわじがとう)です。

以前、11月4日日記のコメントで
青野さんに教えてもらっていました。

姫彦温泉近くの50番札所「繁多寺」までバイクで行きました。
池の西側の登山口から歩きます。道に迷い山の中をフーフー、やっと登山道に行き当たり、すぐ8合目の標識、ここからは道も平坦で頂上まで後一息です。
d0061286_1153454.jpg

展望台に到着、予想を超える絶景です!
眼下に松山の町が一望できます。
城山も、石手川も、その向こうに伊予灘、南に皿ヶ嶺・東に石鎚連峰と・・・
d0061286_16316.jpg

ちょっとおやつを用意してきました。(笑)
出掛けに、目撃した娘に、可愛らしいねと言われましたが・・(爆)

目の前で夕日が伊予灘に落ちていきます。
d0061286_173211.jpg

帰りは東野方面に下りる予定でしたが、登りに迷った登山道を戻ることに、
これなら楽しめるという道でした。
運動不足解消にお手軽で最適です。
私からもオススメです・・エヘン (笑)

【淡路ケ峠】
標高273メートル、松山市の東部に位置します。
16世紀後半の天正年間に、道後湯月城の砦があったところです。

山麓地区には、県指定史跡「経石山古墳」があり、河野氏の重臣、桑原通興(桑原城を築いた出雲宗賢の子孫)や松末氏が統治した中世以来の歴史のある地域です。また江戸時代には、藩主松平定行が万治2年(1659年)に構築した東野お茶屋があったところで、現在県の指定史跡となっています。また子規や虚子が吟行したことでも知られています。
[PR]

by yaogenki | 2005-12-12 23:47 | 自然・風景
<< 焼酎のゆくえ ジャズ イン グレッチ >>