松山針灸接骨院々長の日記


四国・松山市の針灸接骨院院長のおもいつ記 
by yaogenki
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

坊ちゃん100年

ようおいでたなもし「坊っちゃん100年」
今年は、夏目漱石の名作坊ちゃん誕生から100年と言うことです。
松山ではいろいろ催しもあったり、あちこちでポスターや横断幕などを見かけます。
先月横浜への手土産にした、「坊ちゃん団子」の包装紙にも、「坊っちゃん100年」としっかり入っていました。(笑)

ところで患者さんの話によると、漱石が松山中学へ赴任してきた時に最初に泊まった旅館は小説の中では「山城屋」の名前で出てきますが、その当時の建物やも現存しているそうです。そしてその時泊まった十五畳の座敷には、「今はうちのおばあちゃんが大の字になって寝ています」!!!

それにしても漱石の親友 正岡子規は結核で36歳で死亡、漱石も胃潰瘍で49歳で死亡とは・・・時代も時代ですが若かったのですね。
[PR]

by yaogenki | 2006-11-03 23:09 | 言葉・人・本
<< 四国医療専門学校の学園祭 お四国参りの今 >>