松山針灸接骨院々長の日記


四国・松山市の針灸接骨院院長のおもいつ記 
by yaogenki
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧


秋の夕暮れは

山あいの夕日を撮ろうと、ちょっとよそ見していたら・・あっという間に沈んでしまいました(笑)
まさに、釣瓶谷の釣瓶落としといったところでした!?

何を撮ったんだあ~というようなショットですが・・
少し上から見てみてもらうと、うっすらと浮かび上がってきます・・(冷汗)

d0061286_0391657.jpg

[PR]

by yaogenki | 2007-10-30 22:56 | 自然・風景

はい、わかりました。

マッキ-&ヒロ・・・ご夫婦で時々治療にお見えになる、Nさんご夫妻。
飛びぬけて明るい笑顔、おしゃべり上手なマッキ-さん
いつも笑顔で働き者、心の大きなヒロさん
お二人から、素敵な本を紹介されました、みなさまにもお伝えしますね。

「はい、わかりました。」

著者:大野勝彦   サンマ-ク出版

内容紹介
1989年7月、45歳のときに仕事中の事故で両手を失い、失意のどん底から独学で創作の道を歩み始めた義手の画家、大野勝彦。さりげない言葉に込められた心情やほとばしる情熱で描かれた作品、そして、どんな運命の苦難も「はい」で受けとめる生き方が、感動とともに全国に広がっています。本書は、これまでの軌跡を詩と作品で構成した決定版「詩画集」。大野流バイタリティの根幹にふれる一冊です。

著者について
1944年、熊本県生まれ。高校を卒業後、家業の農業(ハウス園芸)を営む。89年の7月22日、トラクターを掃除中に右手を巻き込まれ、それを取ろうとした左手も巻かれて、両手とも切断。失意のどん底に突き落とされるが、入院3日目から筆を患部にくくりつけて詩を書きはじめる。2年後に初めての個展を開催。2006年4月までに3000回あまりの講演会も行う。その生きる姿勢と詩画に共鳴する人の輪が全国に広がっている。現在、熊本県に「風の丘 阿蘇 大野勝彦美術館」、大分県に「風の丘 飯田高原 大野勝彦美術館」を開くほか、07年7月、北海道に「風の丘 美瑛 大野勝彦美術館」が完成。著書に『よし、かかってこい!』(手記、小社刊)、『両手への讃歌』(詩集)、『さよならのあとに』『風の丘から ふり向けば母の愛が』『やっぱいっしょがええなぁ』『そばにいた青い鳥 失って見えてきたもの』『夢は叶うもの思い強ければ』(以上、詩画集)がある。
[PR]

by yaogenki | 2007-10-29 21:41 | 言葉・人・本

故郷のお不動さん

泊りがけで、城川に帰ってきました。
お天気も良く、自然の中で秋の日を満喫といった感じでした。

そんな中、山手の生家近くに祀られていた「お不動様」を移転させました。
実家の庭先の高段に囲いをして、鎮座していただきました。
子供の時の記憶でも、お不動さんは大事にしていた記憶がありますが、
毎日手を合わせられると父母も喜んでいます。

↓お不動さんは無動明王だったのですね、やっぱり。

『ウィキペディア(Wikipedia)』より
不動明王(ふどうみょうおう)は、仏教の信仰対象であり、密教特有の尊格である明王の一つ。密教の根本尊である大日如来の化身、或いはその内証(内心の決意)を表現したものであると見なされている。お不動さんの名で親しまれ、大日大聖不動明王(だいにちだいしょうふどうみょうおう)、無動明王、無動尊、不動尊などとも呼ばれる。アジアの仏教圏の中でも特に日本において根強い信仰を得ており、造像例も多い。
[PR]

by yaogenki | 2007-10-28 23:52 | ふるさと

鉄道マニア

先日、岡山県・湯郷温泉へ行った時のことです。
ここへ行くのには、JR岡山駅から津山線で津山まで行き、姫新線(佐用~新見)に乗り換えて、林野で下ります。特に津山からの姫新線はロ-カル色豊かで、2両編成の列車でトコトコ進みます。

向かいの席の方が、途中の駅などで楽しそうに写真を撮っています。話しかけてみましたら
鉄道マニアの男性でした。大阪鶴橋を早朝に出て、ずっと鉄道を乗り継いで日帰りするという・・細かい旅程表は見事なものでした。凄いですねマニアの方のエネルギ-は!車両を見渡すと、他にも何人かそれらしい方がいました。

この14日にオープンした・・・世界最大級といわれる「鉄道博物館」(さいたま市)などは、さぞかし鉄道マニア・鉄道ファンのメッカとなるんでしょうね?

d0061286_149063.gif

            「C57形式蒸気機関車」・・・鉄道博物館のHPより
[PR]

by yaogenki | 2007-10-26 21:10 | ひとりごと

心のブレーキとは

石井裕之さんの本に、
人生を変える「心のブレ-キの外し方」というのがあります。
昨日の、慣性の法則と併せて考えると面白いです。

以下は本の紹介文からの抜粋です。

「心のブレーキ」とは、誰もが心の奥底に持つ「潜在意識の現状維持メカニズム」のこと。
このメカニズムが働く限り、あなたの人生は変わりません!
頭(顕在意識)で何を考えても、潜在意識がブレーキを踏むからです!
「頑張ってもうまくいかない」「ヤル気が出てこない」「こんなはずじゃなかった」…などの原因は「心のブレーキ」なのです。
本書では、「心のブレーキ」の外し方を初公開します。
[PR]

by yaogenki | 2007-10-25 23:57 | 言葉・人・本

慣性の法則

先日から触れている「プライマリモ-ション」の講義の中で、
物理用語で「慣性の法則」というのが出てきます。
昨日のブログ・・・1分過ぎて間に合ったのも、この賜物かと思われます(笑)

以下はまたまた、「プライマリモ-ションのオフィシャルブログ」から転載です。

慣性は、「動いていたら止めにくく」「止まっていたら動きにくい」性質のことです。また、動いているものは、外からの力が加わらない限りは、同じ速度で、同じ方向に動き続けるのです。そして、重ければその性質が強くなると思って下さい。

1,「動いていたら止めにくい」から考えられるもの。
2,「止まっていたら動きにくい」からかんがえられるもの。

今回は1,の「動いていたら止めにくい」の説明をします。

「動いていたら止めにくい」の代表は、「歩く、走る」です。

歩くとき、走るとき、皆さんはどのように前に進むと考えますか?
ほとんどの人は、「後ろに蹴る」と、考えると思います。

それは間違いです!

ここでは、分かりやすくするために、「動き始め」を考えないようにして、すでに歩いて(走って)いる人の動きを解析してみましょう。

まず、知って頂きたいのは、すでに歩いて(走って)いる人は、止めにくいということです。
??って思った人がほとんどでしょう。

前に進む人を止めようと体当たりしてみて下さい。体重50kgの人だったら、50kgの鉄のかたまりが動いてきたのと同じ慣性で動いています。止められますか?止められない惰性があるのです。

つまり、前に動くのに力はいらないのです。慣性で動くのを邪魔さえしなければ、いつまでも前に進み続けるからです。(風の抵抗などの抵抗などを無視すれば)

でも、皆さんは、後ろに蹴って前に進んでいると感じています。何故でしょうか?

人が移動し続けるときに交互に繰り出される脚によって、地球に引っ張られてつぶれて(倒れて)しまわないように、常に下向きに地面を押しています。

その、地面を押す力によって、(積極的に力を加えなくても、重力によって地面に押しつけられているので「押す」と表現しています)カラダを支えている足の上を、慣性によって動かされたカラダが通り過ぎて行きます。

その結果、カラダは前に移動し、足はその場所にとどまることで、見かけ上後ろに蹴ったようになってしまい、その時、後ろに蹴っていると感じるのです。実際にも、下向きに押し続ける足をカラダが追い越すとき、足は斜め後方に蹴り出すようなカタチになるので、後ろに蹴っている感覚自体は間違いではありません。

しかし、後ろに蹴って進むと思っていると、常に止まろうとしているカラダに対して、カラダを進める原動力として後ろに蹴っていると勘違いをしてしまい、効率の良い移動が出来なくなってしまいます。

この勘違いは、スポーツマンならパフォーマンスを下げ、普通の人でも、カラダに負担をかける元となってしまいます。

「慣性で歩く(走る)」イメージ出来ますか?

「慣性によって進む」ことが分かると、歩くのも、走るのも夢の様に軽く動けるようになります。

駅まで急いでいて走る時など、ちょっと意識するだけで、今まで感じたことのない軽い移動を実感出来るでしょう。

そして、もっと走りたくなります。ぜひ、お試し下さい。
[PR]

by yaogenki | 2007-10-24 23:29 | 健康のこと

アウト、セ-フ、よよいのよい!

昨日触れた、大阪でのプライマリモ-ションの講習会の帰りのことです。

一緒に受講した他の先生二人と、ちょっと一杯やってくという話になり、梅田の居酒屋でもう一人の先生と合流。元々、他の勉強会で知り合った4人ですが、和歌山、長野、京都からと、それぞれ熱心な先生方です。

その日の講習会の話やら、いろいろと情報交換&雑談しているとあっという間に時間が経過・・・この日はバスで帰る予定だったので、ギリギリまで話していて、急いで神戸へ向かう。
三ノ宮到着は、バスの出発時間まで1分!
乗り場へ走る、人が多い、何とか走る、途中出発時間に・・
アウトか?でも走る・・見えた!
松山行きは?一番向こうや、もう出よるで!
バスの前に立ち塞がって止める!
すみません、乗ります!!
1分過ぎでした、ああしんど・・(笑)
皆で飲む楽しさの代償と思えば・・・この息切れも良しかな。。。
[PR]

by yaogenki | 2007-10-23 23:43 | ひとりごと

PMメディカル・B級認定セミナー開催

日曜は、大阪でプライマリモ-ションの講習会

以前にも紹介したことがあるかと思いますが、「全身バネになる!プライマリーモーション」の特徴である「ゴム筋肉でバネからだ」の発想でスポーツ障害を考えると、今までのスポーツ障害の考え方が根本的に変わります。その新しいスポーツ障害の考え方を学び、プライマリーモーションB級指導員(メディカル)の資格を取得できる新しいセミナーのスタ-トでした。


以下、「プライマリモ-ションのオフィシャルブログ」から転載です。

スポーツをやってみると、誰でも一度は、

「こんなに練習しているのに、どうしてもっと上達しないのだろう……」とか、
「なぜライバルは、練習もしないのに上手いのだろう……」と、
思うことがあるものです。

そういった悩みは、
「センスがない」とか
「運動神経が悪いとか」と言われ、
場合によっては「生まれつき」だからと、
諦めてしまうしかありませんでした。

そんな悩みを解消するために「プライマリーモーション」は生まれました。

「巧みに動く」という、根本的な運動能力を、
「全身バネになる!」具体的な方法を練習することで身につけ、
「スポーツ万能型」の動きに改善します。

「スポーツ万能」の人とは、
持ち前の「巧みに動く能力」によって、
「あまり練習もしないのに上手くなる」人のことです。
あなたもそちらの仲間入りをして、
「上達している実感」を感じながら、
大好きなスポーツをもっと楽しんでください。

選手には「勝てる実感」を、
愛好家には「故障しない実感」を、
そして全ての人に「スポーツが楽しい実感」を!

近々、プライマリモ-ションの一般向けの本も出る予定です。その時にはまたご紹介したいと思います。
[PR]

by yaogenki | 2007-10-22 23:55 | 勉強会・研修会

温泉の飾り物

市内の温泉に行ったら
フロントの壁に大きく、相田みつをさんの詩が・・
さすが、お風呂屋さんにはピッタリです!(笑)


【飾り物】

   あのねえ

   財産 肩書 地位

   名誉 その他

   自分についている

   誇り高き飾り物を

   みんな落として

   すっぱだかになってごらん    

   人間としての本当の 

   自分がわかるから
[PR]

by yaogenki | 2007-10-18 13:46 | 言葉・人・本

元気が出る言葉 詩

幸せ

こんにちは!

僕は、若葉です!

まだまだ小さいですが、日々成長していきます

明日が楽しみです!

僕は、緑葉になりました!

太陽の光を浴びて、たくさん光合成をします

酸素もたくさん放出します

みんなの役に立つことができてうれしいです

僕は、紅葉しています!

みんなから、きれいだねって、誉められます

毎日言われるので照れくさいです

僕は、枯れ葉になりました!

これから、落ち葉になるところです

どんな風に落ちるかを考えると、ワクワクしてきます

落ちる姿が、また、絵になるんですよね?

そうして、

僕は、見事な舞いを見せることができました!

僕は今、地面でじっとしています

もうすぐ、仲間達といっしょに腐葉土になります

腐葉土って、とても暖かくて一体感があるんですよ!

そして、

僕は大地になりました!

さぁ、これからは、すべての生き物の支えとなります

僕は、

どこで生まれ…

どのような環境で…

どのようになっても…

幸せです!


(アントレプレナーセンターのHPより)
[PR]

by yaogenki | 2007-10-15 23:54 | 言葉・人・本