松山針灸接骨院々長の日記


四国・松山市の針灸接骨院院長のおもいつ記 
by yaogenki
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

宮里藍と静筋(じょうきん)

昨夜、テレビの「スポルト」でゴルフの宮里藍の特集を見ていたら「静筋」という耳慣れないことばが出てきました。
医学的にはあまりなじみがないのですが、宮里藍さんのお父さんの宮里優氏が「ゴルフに勝つには静筋を鍛えることだ」という話しをしていました。運動や仕事を通じて鍛えられる運動の体の筋肉の「動筋」に対し、理性・知性・教養の総称が「静筋」にあたり、冷静な状況分析と判断力をつかさどる精神的な強さのことだそうです。
ゴルフは特にメンタルなスポーツであり、運動能力に加えて、試合全体の流れをつかみ、瞬時の判断、相手の動きを読むなどの冷静さは、確かにその「静筋」の働きが大切でしょうね。「静筋」を鍛えるために、藍さんは、小さいころからゴルフだけでなく、学校の勉強、ピアノの練習、読書など静かな時間を意識しながら過ごすように教えられたそうです。
ここまで書いて「文武両道」ということばが浮かびました。昔からできる人は何事にもしっかり取り組む、つまり普段・日常の過ごし方がいざという時に力を発揮できることにつながっていると思われます。
こういうことは誰にでもいえることですので、私たちも普段日頃からこの「静筋」を意識した生活をするといいでしょうね。そうすれば夏バテもなく過せそうです。「心頭滅却すれば・・・」と。

それにしても、藍ちゃんスマイルいいですね。見ているだけで心さわやかにしてくれます。「静筋」を鍛えるまでの間は、藍ちゃんスマイルに助けてもらうことにしましょう。
[PR]

by yaogenki | 2005-08-12 13:41 | ひとりごと
<< あれから20年 治療院の大掃除 >>